優良な住まいを安く手に入れる!中古住宅の購入に必要な基礎知識を解説!

このサイトでは優良な中古住宅を手に入れるために必要な基礎知識の数々を、ポイントを抑えて紹介しています。
最近では新築住宅にこだわることなく中古物件でも、優良であれば構わないとのニーズも高まりを見せてきました。
新築ではっとても手が出ないような物件でも購入できるチャンスが広がっているのがメリットです。
ただ建築から経過年数がたっていることから、購入後に不具合が発覚したときの保証責任、瑕疵担保責任についても抑えておきたいところです。

優良な住まいを安く手に入れる!中古住宅の購入に必要な基礎知識を解説!

中古住宅は建物の評価額は建築後経過年数があるので、資産価値は大きく下っているので、売買代金の大きな部分は底地の価値に左右されます。
また住宅の間取りや住宅性能についても、個人差があるので自分が想定している売り出し価格と、相場を踏まえた売買金額との間では大きな乖離が出てしまうことがあります。
中古住宅売買の基礎知識では、瑕疵担保責任の帰趨も注意を向けるべきポイントです。
売買価格は妥協する変わりに、瑕疵担保責任は免状してもらうなどの特約を検討することもおすすめします。

長く住める良質な中古住宅の選び方

長く住める良質な中古住宅を見つけることができるように、柱などの家の重要な部分が問題ないかをチェックしていくことが大切です。
素人では判断しにくいことでも、中古住宅のチェックを行うことができるプロの業者上がるため、専門スタッフに相談しながら住宅をチェックしてもらい、購入を決める選び方ができることも必要になります。
建物を支える重要な部分が問題なければ、古い住宅でも見た目はリフォームを行っていくことで、過ごしやすく見た目もおしゃれな空間に変えていくことができます。
中古住宅の購入は、リフォームとセットで進めていくことを意識することによって、快適に過ごせる空間づくりを行っていくことができるようになります。
専門業者に相談をすることで、わからないことを教えてもらうことができますし、技術で気に可能なリフォームなどを教えてもらえます。
耐震面でも問題ない住宅は良質な住宅といえるので、耐震面などの重要なポイントを押さえていくことも必要です。

新築住宅よりも相場が安い中古住宅

一戸建て住宅を手にしたい場合には、新築住宅と中古住宅で迷う人は少なくありません。
一体どちらが良いのかは難しいところですが、一般的には中古住宅のが安い傾向にあります。
これは、住宅だけでなく自動車でも同様のことが言えるかもしれません。
一般的な相場としては、中古の方が安く、新しいものの方が高くなりがちです。
これは、中古品を好む人よりも、新品を好む人の方が多い傾向だからです。
中には例外もあり、中古品の方が安くなるのではなく高くなるケースもありますが、そのような例外は滅多にありませんのでそれが当たり前と考えないようにする必要があります。
住宅建築においては、中古住宅として売却することも考えて建築すると良いです。
万人受けするデザインなどをしておいた方が、高値で売れやすくなります。
もちろんそれでも新築の状態に比べれば安くなってしまいますが、多くの人が好むデザインならばそれなりの価値を生み出すに違いありません。

新築ではなく中古住宅を購入するメリット

新築ではなく中古住宅を選択する最大のメリットは、費用が安いことです。
国土交通省が実施している住宅市場動向調査によると、住宅購入時の資産総額の平均は注文住宅で3,614万円、分譲住宅で3,597万円となっていますが、中古住宅は2,192万円となっています。
新築と比べて1,500万円ほど安くなっているので、購入後にフルリフォームしたとしても新築よりもトータルコストが抑えられるケースが大半です。
また、立地の選択肢が広いというメリットもあります。
基本的に、利便性が高い土地は既に何らかの建物が建てられていることがほとんどなので、新築住宅は必然的に郊外に建てられることが多くなります。
しかし、中古住宅は駅から近いなど利便性が高い立地であるケースもあるので、エリア重視でマイホーム計画を進めている方に特におすすめです。
さらに、実物を自分の目で確認できるのも中古住宅の魅力です。
日当たり・風通し・騒音・周辺環境などを確認した上で買うことができるので、住み始めてからイメージと違ったという失敗をしにくいという特徴があります。

中古住宅の購入時に注意したいポイント

新築住宅はきれいですが、その分当然価格も高額となってきますので誰もが手に入れられるとは限りません。
一方中古住宅は比較的安い価格で販売されていますので、収入が少ない方や貯金があまりない、無理して長期ローンは組みたくないという方にはお勧めの物件ですが、中古住宅を購入する際には注意すべきポイントがいくつかあります。
その一つが築年数です。
中古住宅の中には新築同様にリノベーションしている物件があり古さを感じさせない場合があります。
しかし、実際には築50年、60年中には100年近くたっているという場合があり、クロスやフローリングはきれいであっても土台は腐食しているというケースがありますので要注意です。
ですから必ず築年数を確認するとともに、修繕箇所なども聞くようにすることは重要です。
ほかにも、事故物件出ないかも確認すべきです。
破格値で売られているとすぐに購入したくなりますが、事故物件ではないかどうかも聞きましょう。

中古住宅に関する情報サイト
優良な中古住宅を手に入れるために

このサイトでは優良な中古住宅を手に入れるために必要な基礎知識の数々を、ポイントを抑えて紹介しています。最近では新築住宅にこだわることなく中古物件でも、優良であれば構わないとのニーズも高まりを見せてきました。新築ではっとても手が出ないような物件でも購入できるチャンスが広がっているのがメリットです。 ただ建築から経過年数がたっていることから、購入後に不具合が発覚したときの保証責任、瑕疵担保責任についても抑えておきたいところです。

Search